November 25, 2019

November 20, 2019

November 15, 2019

November 13, 2019

November 12, 2019

Please reload

最新記事 / Latest blog

Just for giving / 寛大な存在

May 23, 2018

【日本語版は英語版のあとです】

According to the Greek Myth, peony was named after the god of medicine “Paeon” who cured the scar of Pluto (the god of the other world) by using root of peony.

 

Also in Asia, like Japan and China, the root of this flower has been used as medicine: antibacterial drug, pain killer, female disorders etc.

 

Flowers entertain us by showing beautiful colors and shapes, and cure our disease and scar.

Flowers are invaluable for us.
They exist just for giving.


芍薬の英語名Peonyは、ギリシャ神話に出てくる冥界の神プルートの傷を芍薬を使って治したという医療の神パエオン(Paeon)に因んでいると言われる。

 

日本や中国をはじめ、アジア諸国でも芍薬の根は、抗菌剤、鎮痛剤、婦人病等に用いられている。

 

花はその色と形の美しさで私たちを愉しませてくれるだけではなく、病気や傷をも癒してくれる。
なくてはならない存在。
無私の与えるだけの寛大な存在。

Share on Facebook
Please reload

ソーシャルメディア / SNS
Please reload

アーカイブ / Archives
  • Facebook Basic Square